クルマの進化とともに、人のときめく関係を深化させ続けたい。

人工知能が搭載され、だれもが安全かつイージーに移動できるクルマ社会においても、みずから愛車を操る価値は失われてはならない。その意思のもと、ハードウェアの優劣だけでは語れない、私たち独自の「感性チューニング」を06世代へと前進。“A Nwe Driving Sensation”=量産の枠を超えたドライビングの愉しみを、時代と環境に合わせて深化させている。