Tune COOL! Intake&Exhaust

快感のレスポンスとサウンドを求めて。
常用域でのアクセルフィールを磨いた吸排気系。

最高出力や最大トルクなどの絶対性能にはとらわれることなく、あくまでストリートベスト=常用域におけるアクセルレスポンスやエグゾーストノートに磨きをかける・・・吸排気系は、まさしく私たちが主張する「感性チューニング」の見せどころだ。

基本は量産エンジンの制御システムと、そこにプログラミングされた「吸入空気量」と「燃料噴射量」を前提に、スムーズに通すこと。吸気系は、エアフィルターに吸入ロスを適度に低減した素材を採用してエンジンが要する適量な吸入空気をコントロール。またラムエアインテークシステムでは量産エアクリーナーボックスを排し、専用設計したインテークダクトが空気を整流して流速を高めている。さらには内部の凹凸を廃して吸気エアの乱れを防ぐインテークサクションといった細部のパーツにまで気を配っている。
次に、エンジンからエグゾーストマニホールド、キャタライザー、ミドルパイプ、マフラーで構成される排気系。プライマリーの等長化やセカンダリーのレイアウトによりエンジン特性が左右されるエグゾーストマニホールドは、排気ポートからの距離のチューニングにより排気ガスの吸い出しを促進。エグゾーストチャンバーも同様の効果で排気流速を速めている。マフラーは、排気効率と消音という相反するテーマに対し、排圧を下げないためのストレート構造を基本とし、パイプ径やサイレンサー容量などを吟味している。また、感性面での見逃せない要素が抑制の効いたサウンドチューン。クルマとのコミュニケーションをいっそう深める手段として開発を重ねている。

吸排気系のパーツインプレッションへ

バイヤーズガイド

目的や予算に合わせてあなたにベストな製品を見つけてください。 インテーク&エグゾーストパーツの性格、乗り味の体感変化などを比較しています。 スペックなどの詳細は各製品ページにて...

続きを読む

Ram Air Intake System

【ご注意】当製品において、ご発注時にお届けまでに長期間納期を要するケースがございます。詳細はこちらをご覧ください。(2021.1.27)MAZDA3/CX-30用、新発売...

続きを読む

Sports Induction Box

【ご注意】当製品において、ご発注時にお届けまで長期間納期を要するケースがございます。詳細はこちらをご覧ください。(2021.1.27)量産フィルターボックスを活用...

続きを読む

Air Filter Replacement

通気と集塵をバランスさせた乾式、量産形状品。<オリジナルフィルター(乾式タイプ)>量産車のエアフィルターボックスを活かしフィルター部のみを交換。フィルター素材にはエアフローセ...

続きを読む

Fresh Air Guide

【ご注意】当製品において、ご発注時にお届けまで長期間納期を要するケースがございます。詳細はこちらをご覧ください。(2021.1.27)走行風を積極的に捉え、吸入効...

続きを読む

Intake Suction Kit

フレキシブルジョイントを排し、吸気抵抗を徹底低減。 信頼性が最優先される量産インテークホースのフレキシブルジョイントは、蛇腹形状ゆえ吸入空気の乱流を招き抵抗を増大させてしまう...

続きを読む

Muffler

存在感溢れる真円デュアルテール「スポーツマフラー」と洗練されたオーバルテール「プレミアテールマフラー」の2シリーズをラインアップ。共通するテーマは排気効率と音質の向上。常用域から冴...

続きを読む

Exhaust Chamber Kit

チャンバー内蔵。“吸い出し効果”を高めるミドルパイプ。■排気系チューニングは、抵抗を減らすことだけが目的ではない。排気系のチューニングにおいて、単に排気抵抗だけを減らすのであれ...

続きを読む

Exhaust Manifold

排気流速を高め、トルクを向上させる完全等長レイアウト。エンジンの仕事について確認しておこう。基本は、ガソリンが持っていた化学的エネルギーを熱エネルギーに変える工程と、そのエネル...

続きを読む

Front Pipe

ブースト特性を改善するφ54デュアルパイプ。 ターボチャージャーの特性に影響を及ぼす「フロントパイプ」。量産車のシングルパイプをФ54のデュアルパイプに変更することにより、排...

続きを読む

Exhaust Finisher

高いクォリティとファッション性。マツダ車専用フィッティング。量産マフラーのテールエンド部にボルトオン装着。厚みのある美しい曲線で構成されたオーバルシェイプは、汎用マフラーカッタ...

続きを読む