Tune COOL!  Body

乗り手の意思とクルマの挙動を直結。
シャープなハンドリングの源泉はボディにある。

体幹を鍛える。それがチューニングの原点。
スポーツにおいて体幹の強さが重要なのは、いまや万人の知るところ。クルマにおいても同様、アスリートを目指すなら、まずは骨格を鍛えることがチューニングの原点である。なぜなら、サスペンションを正確に作動させるためには、その支えとなる骨格を緩みのない強固なものにすることが理想だからだ。では、走行中クルマのボディには何が起きているのか?ボディ補強パーツはそれらにどう対応することで、しっかりとした乗り味やダイレクトな操縦性を実現しているのか?そのメカニズムや性能を事実と理論に基づき解説していきたい。
走行中、路面からの入力はタイヤを通じて懸架装置(サスペンション、シャシーメンバー)に伝わり、サスペンションタワーを通じてボディ各部へと分散され、ステアリングやシートを通じてドライバーへと伝わる。反対にドライバーの操作はその逆の経路で路面に伝わる。それは、両者の制御を互いにフィードバックする「クローズドループ」といえるだろう。それゆえ人とクルマとが互いに通じ合うには、ドライバーの意思が路面に伝わるまでのすべてのパーツがロスなく正確に機能することが理想である。
そこでキモになるのは、クルマの基本骨格であるモノコックボディやシャシーの剛性だ。量産車のテクノロジーにおいても、しっかりと謳われているように、その重要性は想像に難くない。事実、量産車のボディ設計は年々進化し、普通にドライビングを楽しむレベルにおいては必要な剛性を備えている。であるが、「もっとカッチリとした乗り味が欲しい」、「クルマと一体感のある走りを味わいたい」といったスポーツ派の感性に深く応えるためには、チューニングパーツによる剛性アップの余地が少なくないと私たちは考えている。

続きを読む

バイヤーズガイド

目的や予算に合わせてあなたにベストな製品を見つけてください。 ボディ補強パーツの性格、乗り味の体感変化などを比較しています。 スペックなどの詳細は各製品ページにてご覧ください。...

詳しくはこちら

Tower Brace Set

ロードスター(ND)用、新発売。 タワーバーの進化形。ボディ前後をダブルで強化。 タワーバーの基本コンセプトを継承しつつ、より立体的な構造に進化させたのが私たち独自の「タワ...

詳しくはこちら

Member Brace Set

アンダーフロアを「面」で固め、ボディやサスの能力をアップ。 ロアアームバーの発展形が、この「メンバーブレースセット」。ロアアームバーが左右のピボットをダイレクトに結んだ「線」...

詳しくはこちら

Strut Tower Bar

CX-8に適合拡大。 高剛性を優先し、アルミよりスチール、2ピースでなく1ピース。 比較的安価で装着も簡単なため、ファションアイテム的な感もあるタワーバーだが、コンセプト次...

詳しくはこちら

Center Floor Bar

室内フロアの左右を結び、ボディ中央部の歪みを抑制。 室内フロアの左右方向を高剛性スチール製パイプで結合し剛性を高める新ボディ補強パーツ。フロアトンネルを跨ぐセンター部までを一...

詳しくはこちら

Floor Cross Bar

フロア上部の左右を連結し、タワーバー的効果を発揮。 サスペンションの上側取付け部を連結して、ボディの開きを抑えるストラットタワーバー。その効果は顕著だが、ハッチバックやミニバ...

詳しくはこちら

Lower Arm Bar

高剛性パイプでクロスメンバーの変形を抑制。 サスペンション下側のピボット(支点)の変形を抑制する「ロアアームバー」。量産車ではオープン構造のサスペンション取付け基点である左右...

詳しくはこちら