CX-8に適合拡大。

高剛性を優先し、アルミよりスチール、2ピースでなく1ピース。

比較的安価で装着も簡単なため、ファションアイテム的な感もあるタワーバーだが、コンセプト次第でさまざまな設計が可能だ。「高剛性ボディあってこそ、シュアなハンドリングが生まれる」と主張する以上、私たちの目的はもちろん機能最優先だ。
すべての車種を貫く基本設計は、オールスチール製シャフトとブラケットを溶接した完全1ピース構造だ。左右のタワーを連結するシャフトは、剛性の高いオーバル形状とし、極力直線的にレイアウト。また、ボディとの接合部となるブラケットに筒状のリブを設けることで十分な強度を持たせ、全てのスタッドボルトと共締めにしてボディとの一体性を強化した。さらに、ボディとの接合面に加わる圧力の均一化を図るべく、ツインガセット(補強プレート)を配置。タワーバーとしては、最高レベルの高剛性を確保したのである。単品での装着で十分な効果を得られるが、できれば、ロアアームバーやフロアクロスバーなど組み合わせたトータルボディチューニングをオススメしたい。


サスペンションからの入力が、ボディに伝わる力関係(概念図)

<ストラットタワーバー無状態>
サスペンションからの入力(青矢印)がボディに伝わりを内側方向へに歪ませてしまう。

<ストラットタワーバー装着状態>
サスペンションからの入力(青矢印)がボディに伝わるが、ストラットタワーバーで補強しているので歪みづらい。


<商品適合表>

■Strut Tower Bar スチール製

車名 適合車種部品番号税抜価格仕様コード参考作業
時間
RX-8フロントSE3P
(要純正エンジンカバー加工)
MSY400¥34,0001ピース構造3点式D1.0h
RX-7フロントFD3SMFZ400¥24,0001ピース構造2点式D0.5h
ロードスターフロント
ND系全車 ※1

NCEC ※2

NB系全車
MND4000

MNC400A

MNZ400
¥30,000

¥28,000

¥24,000
1ピース構造4点式

1ピース構造4点式

1ピース構造2点式
D

D

D
0.5h

0.5h

0.5h
ロードスターリアNB系全車MNZ450¥24,0002ピース構造2点式D1.0h
デミオフロントDJ系全車

DE系全車
MDJ4000A

MDE400
¥24,0001ピース構造2点式D0.5h
アクセラフロントBM/BY系全車

BL系2WD車
MBM4000

MBL400
¥24,0001ピース構造2点式D0.5h
アテンザフロントGJ系全車

GH系全車

GG/GY系
(マツダスピード除く)
MGJ400

MGH400

MGZ400
¥24,0001ピース構造2点式D0.5h
CX-3フロントDK系全車MDJ4000A¥24,0001ピース構造2点式D0.5h
CX-5フロントKF系全車

KE系全車
MKF4000

MKE400
¥24,0001ピース構造2点式D0.5h
CX-8フロントKG2PMKF4000¥24,0001ピース構造2点式D0.5h
CX-7フロントER3P
(要純正カウルグリル加工)
MLY400B¥24,0001ピース構造2点式D1.0h
プレマシーフロントCW系2WD車/CR系全車MCR400¥24,0001ピース構造2点式D0.6h
ビアンテフロントCC系2WD車MCC400¥24,0001ピース構造2点式D0.8h
MPVフロントLY3P
(要純正カウルグリル加工)
MLY400B¥24,0001ピース構造2点式D1.0h
AZ-ワゴンフロントMJ23S 2WD車MMJ400¥22,0001ピース構造2点式D0.5h
ご注意・・・取付ポイントが重複するため、タワーブレースセットとの同時装着はできません。
※1 純正ストラットタワーバー非装着車に装着する場合、純正エアカウルパネル(N244-56-35X)×1が別途必要。
※2 純正ストラットタワーバー非装着車に装着する場合、純正エアカウルパネル(NE57-56-35XA)×1とフランジナット(99940-0801B×4)が別途必要。