autoxe       不具合情報私たちの基本姿勢はじめにお読みください。
コンセプト 車種別商品情報 機能別商品情報 インプレッション サポート メンバース ENGLISH

Tower Brace Set

ロードスター(ND)用、新発売。


タワーバーの進化形。ボディ前後をダブルで強化。

タワーバーの基本コンセプトを継承しつつ、より立体的な構造に進化させたのが私たち独自の「タワーブレースセット」だ。スチール製オーバルシャフトを基本に、2方向応力分散構造や面圧分散構造など、マウントポイントに応力が集中しないよう各車種の特性を見据えた専用レイアウトを採用。ボルトオン装着によるボディ補強パーツとして最大限の効果を狙った設計としている。 さすがにタワーバーのように簡単装着というわけにはいかないが、装着ポイントは極力既存の取付けホールなどを併用しており、加工は最小限にとどめている。また、内装やトノカバーの同時装着に配慮すると共に、荷物搭載時にはリアセンターバーを取り外せる構造にするなど、本格派でありながら実用性へのデメリットを最小限に抑えた設計としている。

 

ロードスター(ND)用


<フロントセクション>
サウンドエンハンサー同時装着可能。

<リアセクション>
内装を外した状態。



内装を装着した状態。

狙いはクローズドボディに肉薄した剛性感の獲得。既存のストラットタワーバー/フロアクロスバーの基本レイアウトを踏襲しつつ、ブレース本体の剛性を可能な限り高めた仕様としている。
フロントは、1ピース構造4点支持式。左右のストラットタワー間を直線的に結ぶ横バーと前後方向のバーをプラス。リア部はトランク内を上下2段重ねで環状補強する3ピース構造の6点支持式とすることで、モノコックボディの一体化を図っている。剛性アップの度合いが高いため前後セットのみの設定とし、アンダーフロアを面で固めるメンバーブレースセットとの同時装着がベストである。ソフトトップとRFの全モデルに装着が可能だ。
・リア・・・要内装加工 ・重量8.0kg


CX-5(KF)用

<フロントセクション>
フロントは、バルクヘッド部にも締結する。
<リアセクション>
トランクボードを外した状態。

フロントセクションは、左右サスタワー間を高剛性オーバルシャフトで連結させると同時に、バルクヘッド部に標準装着される純正クロスメンバーを一体化することで、ツインバー構造的に進化させた設計。サスタワー周辺部~バルクヘッド部を広範囲に覆う面圧分散構造により、路面から受ける外部入力をタワー上部に集中することなくボディに分散。一般的なタワーバーでは成しえない高次元の剛性を確保した。
リアに関しては2ボックスボディのウィークポイントといえるオープン構造を直接補強することにより捻れ剛性を大幅に向上。強度の高い量産車のモノコックフレームとシートベルトアンカー部を支点としている。
・リア・・・要内装加工 ・重量7.3kg


<車種別設定>

※車種別詳細は画像をクリックしてください。

RX-8用


RX-7(FD3S)用


デミオ(DJ)用

アクセラ(BM)用

アクセラ(BL)用

マツダスピードアクセラ(BL)用

マツダスピードアクセラ(BK)用
mgj480tanpin
アテンザ(GJ)用


CX-3用

CX-5用    

<商品適合表>