ダイレクトかつクイックにMTを操る。
24%ショートストロークのシフトレバーキット。

いまや、巷のスーパースポーツモデルにおいても2ペダルが主流。イージードライブの観点のみならず、シフトチェンジの速さや正確性においてもATの優位性は揺るぎない。
そんな中、あえてプリミティブなMT車でギアチェンジを愉しむなら、そのシフトフィールにはとことんこだわりたい。ロードスターとの綿密な人馬一体感を高めるべく、私たちが着目したのはドライバーとトランスミッションをつなぐシフトレバーである。量産品は、全長僅か230mm程度の金属レバーに板バネやウレタンブッシュを内蔵し、シフトショックや振動を吸収する巧みな設計。スポーツカーと云えども一般的なドライバーへの扱いやすさや快適性に配慮した仕様としている。
一方、私たちの狙いは明確だ。まずダイレクト感を最優先し、量産に採用された巧妙な機構を排除し、可動部の遊びを低減。クイック感については、数々のレバー比が異なる試作から、操作感を慎重に吟味した結果、24%ショートストローク化。重すぎず、軽すぎない、手のひらとドライブトレインが直結したような小気味よい感性チューニングを施している。製品は量産シフトノブが装着可能であるが、AutoExe製シフトノブ併用時は、きめ細やかなシフトストロークの調整が可能。あなた好みのシフトフィールを追求して欲しい。


<製品概要>

【シフトストロークの比較

1速→2速の前後移動量を量産品と比較。

■量産:約81㎜
■AutoExe製:約62㎜
※シフトノブ中心部の移動量

支点移動によるレバー比変更により、量産比24%のショートストローク化を実現。さらに、AutoExe製シフトノブ併用時は、その全長調整機構により、シフトストロークの変更を可能とする。(下記表数値は概数です。)

 全長ストローク
スペーサー有+11㎜~-6㎜66㎜~60㎜
スペーサー無+3㎜~-11㎜63㎜~58㎜

【ダイレクトな操作感覚】

量産品に装備されるシフトショックを緩和するための“板バネ”、“樹脂ガイド”を排除。遊びの少ないダイレクトなシフトフィールを実現。

【さらなるショート化も可能】

AutoExe製シフトノブ装着時に、付属のスペーサーを取り外すことで、さらにショートストローク化が可能。量産シフトノブ装着時は構造上スペーサーを外して使用できません。

【AutoExe製シフトノブ装着例】

レバー比変更によるショートストローク化により全長は量産品と同一。装着時に外観上の変化は生じない。


【製品構成】

SUS304製シフトレバー、スペーサー、取付ボルト、液状ガスケットによるキット構成。量産シフトノブ or AutoExe製シフトノブとの併用を推奨する。


<商品適合表>

■Quick Shifter

車名適合車種部品番号税込価格
(税抜価格)
仕様(当社測定値)コード参考作業
時間
ロードスターNDERC/ND5RC MT車MND6700¥38,500
(¥35,000)
量産比24%ショートストローク
AutoExe製シフトノブ装着時はスペーサーによる高さ調整が可能。
D0.8h